Contents

  • Source:U.S. DEPARTMENT OF THE TREASURY

名目利回り

  • 23日の1年から10年の米国債名目利回りを不等号で表すと1年>10年>2年>7年>3年>5年。
  • 10年物と2年物のスプレットは0.01ppと変わらず。
  • 3ヶ月物と10年物の逆イールドは07月24日以来、23営業日連続で継続中。

実質利回り

  • 23日の5年から30年の米国債実質利回り(*米国物価連動国債に基づく)を不等号で表すと30年>20年>5年>7年>10年。
  • マイナス利回りの発生があり。

期待インフレ率

  • 米国債の名目と実質の利回り差、期待インフレ率の推移です。10年物で見ますと23日の同率はその前営業日より0.01pp縮小して1.54%。説明変数を日付のシリアル値、目的変数を期待インフレ率とした此処25営業日の回帰直線は下を向いています(回帰係数=0のp値は5.1200e-13、残差が正規分布(\(\mu=0\))に従うとした時のKolmogorov-Smirnov Testsのp値は7.9100e-01)。